コミュニケーション活性化研修(5回プログラム)

 コミュニケーション力を高める連続プログラム

コミュニケーションと仕事の生産性には強い関連性があります。

成果を上げる組織には必ず良好なコミュニケーションが備わっています。

 

コミュニケーションは知識ではなく「スキル」です。

正しい知識を身に付け、実践するためのトレーニングを通してスキルは

身につき向上していきます。

 

本プログラムでは、良好なコミュニケーションを発揮し組織を活性化して

いく基盤となる要素を盛り込んだオリジナルプログラムとなります。

 

●こんなお悩みありませんか?

 □ 社員間のコミュニケーションが希薄で一体感が欠如している

  •  □ 上司・部下のコミュニケーションがうまくいっていない
  •  □ 報告、連絡、相談がおろそかになり、ミスコミュニケーションが
       よく起こっている
  •  □ お客様との信頼関係がなかなか深まらない
  •  □ コミュニケーションに苦手意識を持っている社員が多い

 

●良好なコミュニケーションの基盤を固める実績豊富な研修プログラム

 本研修にて身に付けていただくコミュニケーションスキル

 

 ○ 信頼関係を構築するアクティブ・リスニング

 ○ 真のWin-Winを構築するアサーティブ・コミュニケーション

 ○ 人それぞれに合わせたタイプ別コミュニケーション法

 ○ 相手に伝わるコミュニケーション法(話し方)

 

 

●カリキュラム内容

1 信頼関係を構築するアクティブリスニング

  コミュニケーションのキャッチボールを成立させるにはボールの
  受け手(聞き手)の存在が不可欠です。

  良い聞き手は相手の心を開き、相手に安心感を与えます。
  傾聴力を育み、信頼関係を構築するコミュニケーションの基盤を整えます。

2 人それぞれの違いを活かすコミュニケーション ~自分を知る~

  人はそれぞれに思考や価値観は異なり、人の持つ個性を活かし合ってこそ
  強い組織力も発揮されます。

  コミュニケーション4つのタイプを軸に、異なるタイプとうまく関係を
  築いていくための第一ステップとして自己理解を深めていただきます。

3 人それぞれの違いを活かすコミュニケーション ~相手を知る~

  コミュニケーション4つのタイプを元に、異なるタイプの人と良好なコミュ
  ニケーションを図るための方法を学んで頂きます。
  タイプ別の傾向を整理し、相手に合わせた関わり方を身につけて頂きます。

4 相手も自分も大切にするアサーティブコミュニケーション

  相手の立場や思いを大切にしながらも、自分の意見や思いも交わし合い、
  相互理解を深めるためのアサーティブな関わり方を学んで頂きます。

  理解関係を構築する方法を知ることでコミュニケーションの質をさらに
  高めて頂きます。

5 相手に伝わるプレゼンテーション(話し方)

  相手に伝わる話し方とは? 姿勢や表情、動作、発声法や話すスピードに加え、
  話の構成法に至るまで、“伝える”から『伝わる』話し方へと進化するための
  プレゼンテーションのコツを学んでいただきます。

※研修内容はカスタマイズ可能です。お客様のご要望をもとにプランニング致します。

 

 

●演習内容

・聞くことに関する自己評価(個人ワーク)

・傾聴の効果を体感する演習(ペアワーク)

・アクティブリスニング実践演習(ペアワーク)

・タイプ傾向を知るアセスメント(個人ワーク)

・タイプ特性を活かす方法(グループワーク)

・アサーティブコミュニケーション演習(ペアワーク)

・プレゼンテーション力自己診断(個人ワーク)

・プレゼンテーション演習(全体演習)

 

 

●研修時間・人数

■研修時間:120分~180分程度

■参加可能人数:30名程度まで
        *大人数での開催をご希望の場合は、講話形式か個人ワークのみ
         の実施となります。

 

 

研修内容のカスタマイズ

弊社はお客様の現状と、研修後に目指すゴールイメージのヒアリングを重視し対面での

ヒアリングを毎回実施しております。ヒアリングを通して研修効果を最大化するプランを

ご提案させていただきます。

プログラム内容はいかようにも変更可能ですので、ご要望やご相談は気兼ねなくお申し付け

ください。