出来る新入社員への道

記事一覧へ戻る

出来る新入社員への道⑪「椅子を入れる」

新入社員研修を通して私たちが新人の方々へ習慣化していただいていることを「出来る新入社員への道」としてシリーズでお届しています。今回は、その第11弾「椅子をいれる」と題して書いてみます。

 

研修を通して多くの行政団体様や民間企業様の方々と接していますが、それぞれの組織で活躍なさっている方の共通点として、当たり前のことを高いレベルで行う力を有しているということがあげられます。日常の挨拶が大変感じが良かったり、机の上がキッチリ整理整頓されていたり、備品を大切に扱っていたり、掃除を気持ちを籠めて行っていたり、このような基本的なことが身についている方は、お客様や一緒に働く仲間(上司・先輩・同僚)に対しても思いやりがある行動がとれるため、組織貢献度が大変高いと言えます。

弊社の研修でも当たり前のことを徹底して出来るようトレーニングしています。「椅子をいれる」という行為もその一つ。自分が離席する際、椅子を出しっぱなしにしていては、そこを通る人の邪魔になりますし、誰かが代わりに椅子をいれなければなりません。また、お客様のところへ訪問した際、使った椅子をいれず退出すれば、お客様の印象は決して良いものではないでしょう。椅子をいれるとい日常的な行為の中にその人の考え方が投影されていると言うことです。研修では、椅子を両手で大切に扱い起立した時は、椅子を入れることを習慣化して頂いております。このような平凡な行為のレベルを高めることが良い仕事をすることの基盤だと考えます。

 

■ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社 

 研修を通して人事院様、海上保安庁様、福岡市様などの行政団体様、多くの民間企業様の人材育成を強力にサポートしております。

福岡県福岡市中央区天神5丁目10-1 NYBFビル4F 

  

 ■弊社代表大野尚書籍

Amazonにて販売しております。

 大野 経営 講演 福岡

 

『これならできるよね。』
中途半端な僕にもできた「成功の基礎のキソ」

価格 1,300円(税抜)

ご購入はコチラ>>