出来る新入社員への道

記事一覧へ戻る

“出来る新入社員への道”30「文章力をつける 重ね言葉を避ける」

新入社員研修を通して私たちが新人の方々へ習慣化していただいている

ことを「出来る新入社員への道」としてシリーズでお届しています。

 

今回は、その第30弾「文章力をつける 重ね言葉を避ける」と題して

書いてみます。

 

同じ意味の言葉を重ねる重言(じゅうげん)は、せっかく書いた文章を

稚拙にしてしまいます。また、知識不足を露呈することにもなるので注意

が必要です。誤って使ってしまいそうな重言の例を以下に示します。

 

・炎天(重言)炎天下

悔する(重言)後悔する

かねてから案である(重言)懸案である

価格下げする(重言)価格を下げる

連日、暑いく(重言)暑い日が続く

部署ごとで(重言)各部署で

・○○だけ限定する(重言)○○に限定する

 

重言を避けるためには、言葉の意味を正しく知り、言葉に関するセンスを

磨いていく必要があります。

 

トレーニングしより良い文章を書けるよう努力していきましょう。

 

 

■ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社 

 研修を通して人事院様、海上保安庁様、福岡市様などの行政団体様

多くの民間企業様の人材育成を強力にサポートしております。

福岡県福岡市中央区天神5丁目10-1 NYBFビル4F 

  

 ■弊社代表大野尚書籍

Amazonにて販売しております。

 大野 経営 講演 福岡

 

『これならできるよね。』
中途半端な僕にもできた「成功の基礎のキソ」

価格 1,300円(税抜)

ご購入はコチラ>>