育成型新入社員研修(全14回)

育成型新入社員研修プログラム(助成金対応)


新入社員の早期人財化・定着率アップ!

未来を担う人財を創る新たな新入社員研修プログラム

 

”できる”社員を育成!6ヶ月間の継続型研修で基盤力を構築。

6ヶ月間、計14回の研修を通して社会人の基盤となる

知識、姿勢、マインドを整え、「強い社員」へと育成いたします。

 

目指す育成のゴール

・理念(目的)を共有できる社員    ・自ら考え、自ら行動できる社員

・未来を見据え努力できる社員     ・課題を見つけ解決できる社員

・信頼関係を構築できる社員

 

身に付ける力

・明るく元気な挨拶    ・傾聴力(コミュニケーション力)

・ビジネスマナー     ・正しい報告、連絡、相談の方法

・優先順位の立て方    ・PDCAサイクルの回し方

・論理的思考力      ・セルフコーチング力

・ディスカッション力   ・プレゼンテーション力

 

キャリア形成促進助成金の活用で研修費用は実質「無料」

厚生労働省の「人材開発支援助成金(旧 キャリア形成促進助成金)」を活用

することで研修費用は実質「無料」で受講頂くことが可能です。

助成金の活用法については弊社助成金アドバイザーがサポートいたします。

ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

 

⇒申請書の提出には期限がありますので、新卒採用をご検討、計画なさる
 企業様はお急ぎお問合せください。

※助成金の受給には、要件があります。要件を満たさない場合は
 受給できない場合もあります。

※採用者や採用人数が未確定の状況でも申請は可能です。

 

充実のカリキュラム

14回の研修カリキュラムは非常に充実した内容で、座学で知識を学ぶだけ
ではなく、個人ワーク、グループワーク、ロールプレイング、課題(宿題)
まで実践力を養成するための弊社の育成ノウハウを余すとこなく注ぎ混んだ
自信のカリキュラムでございます。

すでに、本プログラムをご注文を決断なさった社長様には「良い内容すぎる
ので、若手社員だけでなく中堅社員にも受けさせたい」とご評価を頂いて
おります。

  テーマ 内容
第1回 社会人基盤力(1) ◯オリエンテーション
現代社会で新人に求められること、社会人としての心構え
ビジネスマナー、コンプライアンスについて
第2回 社会人基盤力(1) ◯貢献する組織人として仕事の進め方
仕事と作業の違い、PDCAサイクルの回し方
目標を持って仕事に取り組む方法、アクションプラン構築法
第3回 社会人基盤力(2) ◯初心者マークを外し貢献する社員になる方法
期待役割についての認識を高める、課題を整理する方法
組織の目的を共有することの重要性、マインドセットアップ法
第4回 社会人基盤力(2) ◯協力関係、信頼関係をつくりだすコミュニケーション
信頼関係を構築するアクティブリスニング(積極的傾聴)
聞く姿勢に関する自己分析、正しい報告の仕方、ビジネス文書作成法
第5回 セルフマネジメント力 ◯セルフコーチング法(1)
コーチングとは、目標を持つことの意味、目標達成への
プロセス、成長に繋がる目標設定の方法
第6回 セルフマネジメント力 ◯セルフコーチング(2)
効果的なセルフコミュニケーション法、良い質問と悪い質問
質問の種類、フォローの方法
第7回 セルフマネジメント力 ◯セルフコーチング(3)
チャンク、承認のスキル、タイプ特性、学習スタイル
ストレスマネジメント法
第8回 ビジネス実践力(1) ◯企業の仕組みと市場社会の動向
企業の社会的責任、会計の仕組み、収益を上げる方法
コストを削減する方法、成長する企業のポイント
第9回 ビジネス実践力(1) ◯意思伝達をするための効果的な伝え方
考えを整理して伝えるPREP法、正しい連絡の仕方
相談のタイミングと方法、相手に合わせた伝え方
第10回 ビジネス実践力(2) ◯ロジカルシンキング法
論理的思考のすすめ、ロジカルシンキング力を伸ばす方法
MECE・ロジックツリーの活用法
第11回 ビジネス実践力(2) ◯交渉、討論、ディベートトレーニング
心理学を取り入れた交渉法、建設的な意見交換を行なう方法
アサーティブコミュニケーション、ディベートトレーニング
第12回 リーダーシップ ◯リーダーシップとメンバーシップ
求められるリーダー像、リーダーの役割、リーダーの務め
リーダーシップ力を高める方法、リーダーを理解する
第13回 課題解決力 ◯課題解決手法
問題が起こるメカニズムとその対処法、問題の整理法
問題解決トレーニング(グループワーク)
第14回 課題解決力・まとめ ◯修了式、コミットメント発表
振り返りと成果発表、今後の目標発表、修了表彰式

※カリキュラムは変更になる場合がございます。

⇒弊社のプログラムに、ご参加者様の職種に応じた専門教育を組合せたオリジナル
 プログラムを構築致します。(相談、構築アドバイスは無料です。)

 

お問合せ、お申し込み

本プログラムへのお問合せ、お申し込みは、

お電話:092-771-8852(平日/9:30~18:30)

メール:info@bfmjp.com

 

担当:松居 まで