大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「諦めるな!商いを。今こそ「沸騰経営」5%の奇蹟を創り出す10の鉄則」

 

会社が設立されてから10年以内に、倒産、解散によって約95%もの会社が

消滅しています。

生き残るのは、僅か5%前後です。また、30年後に生き残るのは、0・02%

前後と言われています。まさに、企業の生存競争はアフリカサバンナの弱肉強食の

世界よりも熾烈です。

私が考える今後のビジネスで必要となる経営スタイルは、「沸騰経営」です。

「沸騰」とは、精神が単なる「思いつき」や「考えている」というレベルから、

「絶対やるぞ!」という気化現象(沸々と湧き上がる感情の情熱化)へと転じ、

トップ(社長)自らのエネルギーの爆発だけでなく組織内部(社員やスタッフ)も

沸騰し、それぞれが団結して具体的に行動を起こす現象のことです。

・・・具体的に行動を起こすための方法を10の鉄則に纏めました。 

 

ビッグ・フィールド・マガジン!!2013年7月号

 

メルマガ登録をご希望の方はコチラまでご連絡ください。

info@bfmjp.com