大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「ハッピー計画」

 

 

3月が決算の会社は9月が半期最終月になります。今月中に半年を振り返って、

来たこと出来なかったことを棚卸して、残り半年の戦略・戦術の見直しを行い

具体的なアクションプランを立案したうえで役員・幹部社員に落とし込み、

スタッフ全員を巻き込み行動へと促して行かなければなりません。

何の為にやるのか?

もちろん短期目標である今期目標の達成です。その一年一年の積み重ねが会社の

理念に繋がる目的の達成になるからです。ここで肝心な事は、方法論を確立した

プランの作成が出来たとしても、ただ、社員に「頑張れ!やれ!やれ!」と

叱咤激励をするだけでは日々の行動の継続を促す事は出来ません。ムチもあれば

アメもあります。社員が自発的に諦めないでやり続けるためには、目標達成後の

会社としてのハッピー計画も一緒に立てましょう。「社員旅行は海外に行こう!」

「特別決算賞与をだそう!」「福利厚生の見直しをしよう!」全員の努力によって

成し得た事の成果は還元することで、更にプラスの動きを導くはずです。

是非、経営者の皆様、ご一考されてみては如何ですか?

 

僕がパーソナリティを務めるrkbラジオ「こだわりハーフタイム」にゲスト

出演された」和歌山県立医科大学学長で外科医でもある板倉先生が、一日15分

でもハッピーな事を考えると幸せ回路が回りだし実行力が高まると言われてました。

 

誰でもハッピーな事は楽しいものです。

 

 

ビッグ・フィールド・マガジン!!2013年9月号

 

メルマガ登録をご希望の方はコチラまでご連絡ください。

info@bfmjp.com