大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「あれもこれもどれも」

「あれもこれもどれも」  (2015年11月号)

  

経営者は誘惑が多いものである。

調子が悪い時も良い時も様々な人が色々な話を持ちかけてくる。

 

「〇〇は儲かるから一緒にやりませんか?」

「是非、〇〇の会長としてお願いします。」

「〇〇のイベントをやりましょう!」

「〇〇会・団体に加入しませんか?」

「投資案件として〇〇が最適です。」

「〇〇という良い会社があります。M&Aしませんか?」

「〇〇をやれば良い節税になります。」

と言うようなビジネスの話から、

 

「東京からタレントが今度来るので一緒にゴルフいかがですか?」

「お身体大丈夫ですか?〇〇は効きますよ。」

「老後の為に〇〇で一儲けしませんか?」

などとこの手の話しは、「人を見る目」と「事の見極め」が

必要となります。

 

「信念がぶれない」姿勢があれば良い方向に対応できます。

中には本当に為になる素晴らしい「事」もあります。

 

問題は、自分自身の事です。業績が良くなり、業界や世間からも、

ある程度注目されるようになると、他の事がやりたくなる・

したくなる症候群です。

 

経営基盤が整い、業績も安定してヒト・モノ・カネにも余裕が

生まれる状況が見えるのであれば、経営資源の余裕分を振り分け、

新たな動きを創る事に反対はしません。むしろ賛同します。

 

余裕の見込み違いと、過信は禁物です。

あれもこれもどれもと手を出せば・・・

本末転倒、痛いしっぺ返しを喰らいます。

 

更に、深刻な問題となるが、業績が低迷して、焦った挙句、

このままじゃいけない!

何とかするために、あれもこれもどれもと手を出してしまう

ことです。

 

資源(ヒト・モノ・コト・時間)の分散化が大きな危機を招き

ます。一番得意なものに経営資源を集中させる事です。

 

そのためには、自分たちのシーズの中身とコア・コンピタンス

(強み)を知り、それを最大限化する為に時間密度を高めて

集中すべきです。

 

良い時に奢らず悪い時に諦めないことです。

経営者は確固たる信念を持ち、ブレない姿勢が基本です。

集中だ!!