大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「活かす・生かす・イカス」

「活かす・生かす・イカス」  (2016年11月号)

 

ウチの会社にはイカした奴が多いよ。

 

まるでトレンディドラマに出来てきそうなイケメン男子

や顔の小さなファッションモデルみたいな美女が溢れて

いる会社かと思いきや、その会社には活き活きとやりがい

を持って働く社員で溢れている会社だったのです。

 

 

「生産性を高めろ!!」

 

「ビジネスアジリティを向上させよ!!」

 

「少数精鋭部隊で乗り切れ!!」等、

 

少人数・時間密度を高めて・スピード重視で仕事をする。

 

 

そうなれば、多くの人員を抱えなくても良いので、販売管理

費の人件費のトータルでの比率を下げることが出来、一人あ

たり人件費を増やす事が出来ます。

 

 

社員の平均給与が高ければ優秀な人材も入社してくることで

しょう。企業としては理想の姿かもしれません。

 

 

しかし、そんなに上手くはいきません。

 

 

能力の高い人間が集まったとしても2割は期待する姿には

なってくれません。

 

2:6:2(2:8)の法則に逆らえません。

 

上も下も飛び抜けた2割の人たちがいます。

 

この2:8の法則は自然の摂理と言っても過言ではありません。

 

交通量の8割は2割の道路に集中する。

 

売上の8割は2割の商品・お客・社員で構成されている。

 

蟻も蜂もだいたい良く働くのは2割で残りの8割は遊んでいるそうです。

 

それじゃ、

活き活きとやりがいを持って働く社員で溢れている会社

なんてありえないよね。

 

そんなことはありません。

 

同じ商品を売っているのに、同じ様な場所で売っているのに、

なぜ、儲かる会社と儲からない会社があるのか?

 

儲かる会社は全体のレベルが他の同業他社に比べて高いのです。

 

会社単独でみれば良く売るのが2割、平均的に売るのが6割、

少ないのが2割となります。

 

 

この法則は変わりませんが、他の会社と比べると一人あたりの

売上高が大きく違っているのです。それでは全体のレベルが

高い会社にするにはどうすれば良いのか? 

 

 

答えは簡単です。

 

社員が楽しんで働く環境の組織にすれば良いのです。

 

 

その為には、この2:6;2(2;8)の法則を無視することです。

 

1.社長は社員を信じる。→不信感が環境を悪化させます。

  信頼が信用を生み出します。

 

2.社員をランク付けしない。→社員同士の比較対象ではなく

  個人の成長を促す事が重要です。

 

3.社員規定や就業規則は性悪説で作成し、社員と向き合う姿勢は

  性善説で行う。→人は弱いもの、会社の中に犯罪者を生まない様な

  規則や規律の中に仕組みとシステムの構成で制度設計を行う事が

  肝心です。

 

4.適材適所→得て・不得手の特性を鑑み配属、なんでも出来る

  ジェネラルリストを創り出すことよりも一つ2つの事に秀でた

  プロフェショナルな人材の貢献度は高い。

 

5.教える・繰り返して教える・諦めず教える→暗黙知を形式知に

  変えて分かりやすく指導する。

 

6.パワハラ・セクハラ・虐めは絶対に許さない姿勢を貫く

  →企業体質として虐めは許さない覚悟が必要です。

   人を潰すのは人です。

 

7.認める→どんな人でも認められれば嬉しいものです。

 

8.褒める→褒められて嫌な人はいません。

 

9.ビジョン(目的)の明確化

  →自分達の未来が創造出来る事が一番です。

 

10.楽しむ・愉しむ→何事も愉しむ事が重要です。

   上手くいかない事も上手くいくためのヒントだと思い

   挑戦する姿勢が生まれます。

 

 

さぁ、11月も仕事も遊びも楽しもう!

 

この気持が大切なんだなぁ。