大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「小さいからこそ知恵を出す」

「小さいからこそ知恵を出す」  (2016年12月号)

 

かつら業界の双璧はアートネイチャーとアデランスでした。

テレビ・新聞・雑誌とあらゆる媒体を使い洪水の様に広告

出稿を行っていました。

 

彼等の主力ターゲットは僕の様に薄毛が気になる成人でしたが、

数年前から医療(円形脱毛症・抗癌剤治療による脱毛)

マーケットやウィッグと言うファッションを意識させたシニア

女性の為のものに変わって来たように感じている。

 

そんな中、10月のネット上のヤフーニュースで

日本のおじさんたちが、「アデランス」をかぶらなくなったワケ 」

という記事が掲載された。

 

その元ネタは、

 

10月14日

「アデランスがMBOを実施すると発表した。投資ファンド

インテグラルが子会社を通じてTOBを行い株式取得、同社の

支援を受けながら経営再建を目指すということで、近く上場

廃止になるという。」

 

というものでした。

 

・・・おじさんたちはかつらを必要としなくなったのか?

 

発毛治療のAGA等の台頭や記事の中にもありますが、

「これまでの高価格帯のかつらを売るビジネスが崩れ始めた」

(日経産業新聞 2016年5月16日)

 

もちろん、個人差もありますが、アデランスなどの

大手メーカーで自分の頭にピッタリのかつらをフル

オーダーすると、40万~50万はゆうにかかると

いわれています。・・・

 

大手のかつらメーカーとの繋がり(購入契約)は、

次々にアップセル(高額商品・スペアへの誘導)や

クロスセル(他商品)への誘導が始まり、最終的に

100万円を超える出費となってしまう”魔のスパイ

ラル”に入って行くのです。

 

その記事の中に僕の知り合いのかつらメーカーの事が

取り上げられていました。

 

2000年に創業したかつらメーカーのWith(ウィズ)の

Webサイトをのぞくと、オーダーメイドの全頭かつらは

16万8000円、部分かつらは14万8000円。

修理・補修費用も2万5000円~5万円と料金表を公表している。

 

そうです。お客さんは気付きました。価格の差が

品質・サービスの差でないことを・・・

 

今までは、高いもの=「品質は良い」「サービスが良い」と

いうことが、単なる思い込み、大量の広告による洗脳だと

気付いたのです。・・・

 

ウィズは販売の殆どをネットで行っています。その為、

大手の様に大量の広告出稿は行っていません。

 

 

HPの充実・・・WEBマーケティングを強化することにお金を

使えば良いのです。

 

型取りや購入後の調整は契約の理・美容室がパートナー(代理店)

として行っているため、お客様の望む髪型やカラーに調整出来ます。

また、普段のカットやシャンプーなども応じる事ができます。

 

カンセリングに関しても、メールや電話で懇切丁寧にお客様の

背景を重んじて対応しています。

 

小さいからこそ大手に負けない努力を続けているのです。

 

経費を掛けずに、お客様がお求めやすく高品質な商品を

提供する。人間が出来るサービスは常にベストを目指して

日々努力を続ける。

 

小さいからこそ使える知恵を出し合って皆で未来を創造

しているのです。

 

決して大手を批判しているのではありません。

僕達の頭には大手は安心で良いものという認識があります。

 

小さくても大手に負けない良いものを創造している会社は

沢山あります。大きくなることよりも強くなる事が大切なの

です。

 

 

誰もが「安い」ものが好きです。

 

でも「安物」は嫌いです。

 

 

安物は100円でも期待を裏切れば100円でも高く

感じます。「安い」とは100万円でも期待以上の価値が

あれば安く感じるものです。

 

だからこそ他社に負けない良いもの(価値があるもの)を

創造するために強くなれば良いのです。