大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「忖度(そんたく)よりもどんたく」

 「忖度(そんたく)よりもどんたく」(2017年4月号)

 

多くの企業が新年度を迎える4月がスタートする。

 

新入生も新社会人も不安を抱え期待を膨らませ新しい環境に

入ってくる。

 

彼らフレッシュな新入社員を生かすも殺すも、受け入れる

既存の人間で決まる。

 

体制や環境は「人」で構成・構築される。

 

どんなに企業が有名であろうが、

 

大きな規模であろうが、

 

経営陣を含めて既存社員の

「意識」「考え」「モラル」「マナー」を含めて、

人の心や体の「安心」「安全」を担保するのは、

受け入れる全ての「人」で決まる。

 

不安の解消は好奇心である。

 

それはあくまでも好奇心を発揮出来る環境が整備されて

いるか、社内外へのコンプライアンスが健全に順守されて

いるか、善悪も曖昧で常に人の顔色を伺いながら判断・

行動しなければならない組織や体制はいずれ崩壊する。

 

今年の流行語大賞を狙える位置にある「言葉」

まさに「忖度(そんたく)」である。

 

博多の街は来月5月を迎えると「どんたく」の祭りで賑わうが、

「そんたく=忖度」で社内が賑わう事は多くの企業では

マイナスに働く。

 

感性高いフレッシュマンたちは、そんな動きや体制を直ぐに

見抜いて、

「あぁ、ここは、僕の、私のいる場所でない。」

と判断してしまう。

 

彼らが同じ様に染まれば、長いものに巻かれる集団の一人となる。

一人の不安は、ほっとくと不満になり、他に広がる。

その不満は集団化され意識の低下、生産性の低下を導き、

企業の信頼が揺らぎ業績も低下し崩壊へと加速する。

 

オカシイものはオカシイと言える職場。

 

上司・先輩・経営陣の顔色(悪い思い)を気にしなくて良い職場。

 

チャレンジできる職場。

 

良いことも上手くいかないことも共有できる職場。

 

課題を炙り出し改善への道を模索し答えを出し実行する職場。

 

お互いに気遣い思いやりがある職場。

 

今を大事にしっかり未来を創造する職場。

 

悪しき慣例や慣習や因習を投げ捨てよう!

 

期待を膨らます彼らの好奇心を高めてみよう。

 

企業の成長は社員一人一人の成長の結集であることを

忘れないように、肝に命じてスタートきりましょう。

 

淡いピンクの美しく舞う桜の花びらも一寸前は固く

閉ざした蕾(つぼみ)です。気温が高まり花を開きます。

 

彼らの蕾(つぼみ)を開くには受け入れる皆さんの温かさが必要です。