大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「戦う場所を選んでいるか」  

「戦う場所を選んでいるか」 2015年3月号

 

郊外の住宅地、人通りも少ない場所にある愛想もない、

美味くもない食堂が結構流行っている。不思議ですね。

 

繁華街の一等地である場所で値段も手頃だし、

結構美味しいものを提供しているが、

いつも閑散としている店もある。

 

・・・これは戦う場所の選択の誤りです。

また、戦力を高める努力を怠っています。

 

前者は、周辺に食べる所が殆どない場所で「食を提供する」

という点で独占的である。

後者は、繁華街の一等地であるが故に競争相手が多く、

「適当に安い」「そこそこ美味しい」くらいでは

他店に比べても優位性が乏しいのです。

 

多くの競争相手や強力な相手がいる市場では、

圧倒的な差別的優位性(自社のコア・コンピタンス=

他社に負けない圧倒的な強さ)を持たなければ勝つことは

出来ません。

 

だから、競争相手も多くなく、強い相手も居なければ

生き残ることは出来ます。

 

しかし、自分より強い相手や競争相手が出てくれば消えて

行くことになります。

創業期は、ヒト・モノ・カネがなく戦力がありません。

唯一の武器はあなたの戦意(やる気)です。

出来れば最初は負けない市場で誰よりも負けない努力を

続けて圧倒的な武器を手に入れる事です。