大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「理屈と理論の違い」  

理屈と理論の違い    2015年2月号

 

結果はアイデア(思考)だけでは生まれない。

どんなに素晴らしい考えをもっていても、

行動がなければ結果を導き出すことは出来ない。

ヤラない人間は、上手くいかない理由を説明するが、

それはやらない理屈を言っているに過ぎない。

結果を導く人間は、まずは行動に移す。

その結果が上手くいかない場合は、その失敗を糧とし、

また、上手くいかない事の原因を究明し、再度行動に移し

成果を導き出すために何度でも挑戦する。

 

最初の一発目で結果を成果に導く人間はごく一部の天才か、

何度も失敗を繰り返し多くの経験を積んだ人間である。

または、結果を成果に結びつける人間は

どうしたら上手くいくかと言うロジック(理論)を考え展開し

実行する事が出来る人間である。

・・・頭でっかちの動かない社員はいらない!

 

未来予測し、リサーチを行い上手くいくための理論を

思考展開し、直ぐに行動に移す。

 

その結果が上手くいかなければ、失敗を糧とし、

また、上手くいくための方法を考え、再度実行に移す。

 

素晴らしいアイデアや理論を展開するが、行動に移さない。

手くいかない理由(理屈)をこね、実行しない。

 

社内の中に眠っている、潜在化したナレッジ

(知識・知恵・経験)を顕在させる事によって、

上手くいくための方法を個人レベルのスキルから

全体に共有させる事が出来ます。

暗黙知の形式知化