大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「『的外れ解散』・・・ならねば良いが」  

「『的外れ解散』・・・ならねば良いが 2014年12月号

 

11月21日衆院本会議で議長が解散を宣言、

万歳三唱が議場に虚しく響きます。

12月2日公示、14日投開票。

年末の忙しい時期に700億円の血税をつぎ込んでの

選挙が始まります。

 

・・・何の為の?誰の為の?選挙でしょうか?

多くの国民が疑問視する解散総選挙、

2年前・・・誰もが1年弱でコロコロ変わる政権

トップに嫌気がさして長期安定政権で

「しっかり日本を立てなおして欲しい」と願って

一票を投じたのではないでしょうか。

 

安部首相が放つアベノミクスの3本の矢。

一本目は「大胆な金融施策」。

確かに株高・円安と今までの流れを変えたのは事実です。

 

株高で儲けたのは大企業や一部の株で、円安で潤ったのは

大手自動車関連メーカーの輸出企業です。

しかし、急激な円安に行き過ぎはないでしょうか?

多くの中小企業は材料やエネルギーコストが上昇し

儲けを出すことは出来ずに苦しんでいます。

国民の多くも食品や生活物資の値上げで苦しんでいます。

 

・・・第二の矢は「機動的な財政施策」。

公共事業は増えていますが、建設業の職人が足りないため

受注に至らず、事業の上積みが出来ず、民間企業は

建設コストの値上がりで利益を出せないでいるのです。

 

・・・三本目の矢は「成長戦略」。

消費税8%アップ後、国民の消費マインドは低下し、

GDPも2期連続下がっています。

 

矢を放つのは誰でも出来ます。

的に当てなきゃ意味がないのです(施策の効果は現れない)。

 

今回の選挙も、何の意味も意義を持たない

「的外れ」の選挙には終わって欲しくありません。

その為にも腕を磨いて「成長戦略」の的に当ててくれ!

 

我々国民も外的要因に惑わされずに一生懸命

「精」出して頑張ろう!

国づくりは一人ひとりの国民の結集です。

その為にも無駄な一票はないはずだから投票に行きましょう。