大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「ガラパゴスも悪くない。」  

ガラパゴスも悪くない。 2014年3月号

 

今回の旅は2月の25日から3月5日までの9日間。

弊社のスタッフと家族には本当に頭が下がります。

 

・・・「遠い!」とにかく目的地に着くまで往復10回以上の

乗り換えと機内を入れて5泊しなければなりません。

 

・・・ガラパゴスで過ごした3泊4日、

初日はチャールズ・ダーウィン研究所を訪れ、環境が与える種の

変化対応力に驚かされました。

 

・・・人も企業も種の保存(継続)が重要です。

ダーウィンの進化論でも、環境に対応できる強さを持つ変化

こそが生きながらえて行くことなのです。

 

・・・島に生える大きなサボテンは幹の部分が木化しています。

これはサボテンが大好きなゾウガメやイグアナから

自らを守るために長い年月を経て変化したのです。

 

夕方からは涼風をお供にサンタクルス島の

プエルト・アヨロの町を散策。

 

二日目は終日ダイビング。

三日目は半日アイランドホッピング&シュノーケルで

ウミイグアナとアシカと泳ぎました。

 

午後のシェスタの時間は海に面した

ホテルのコテージ一軒借りきりの屋上で読書三昧、思索三昧。

 

・・・最終日の夜中は現地から

rkbラジオ「こだわりハーフタイム」のレポート

・・・残念ながら電波状態が悪く短時間の出演となる。

 

・・・19歳の時に始めた海外への旅も数えて百二十数カ国、

現在55歳と10ヶ月、元気なうちにイースター島も

マダカスカルもグリーンランドも

・・・行きたいと思う想いが実現の旅へと繋がります。

 

この結果は家族と会社のスタッフと弊社のお客さまへの

感謝しかありません。 

 

旅は見識・見聞により知的探究心の扉を開き新たな世界を

広げてくれます。

旅は地球の事を教えてくれる僕の教科書です。