大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「なぜ仕事が出来ないのか?」  

なぜ仕事が出来ないのか? 2014年1月号

 

多くの経営者の方々が社員に対して抱く不満です。

答えは明確です。

1.やり方を教えていない。

具体的な指示と指導を行う事です。

2.能力に見合った人材に任せていない。

適材適所の人員配置と教育と研修の継続です。

3.出来ても出来なくても報償もない。

褒められることも叱られることもない。

評価と連動する給与・賞与の制度と正しく評価することです。

4.時間的制約(期限)を設けていない。出来ないのではなく。

取り掛かっていないだけの問題。

指示命令は期限を決めて伝えることです。

5.ミッションを与えるだけで、その後は知らん振り、

思い出した時に、そういえばあれはどうなった?

・・・そもそも社員の行動に関知していない。

PDCAのサイクルを回す事です。

 

よく「社員のモチベーションが低くてやる気のない社員が多い」、

「目標達成が出来ない」と悩みを伺いますが、

社員が自発的に動かないと諦めていませんか?

右の1から5までの事に心当たりはありませんか?

 

自ら考え行動し成果を上げる社員は、「自分で独立している」、

「自分の評価を高く買ってくれる会社」「未来の成長を信じて

がむしゃらに頑張る愉しみがある創業期の会社」で頑張っています。

 

人は何も言わず放っておくと「楽」することに走ります。

効率化を徹底的に図って仕組みを構築して「楽」になるのは

良いことですが、「楽」=「なまけ」になってしまうことが

多々あるのです。

 

誰もいなければ私用電話にインターネットで遊んでしまう事も

あります。もちろん経営者もそうです。

太文字で書いたところを徹底するだけで変化します。

具体的な方法は弊社がアドバイスを行います。

 

皆様、本年2014年度も引き続き宜しくお願い致します。