大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

「身体が資本」

 身体が資本」 2013年4月号

 

新年度を迎えるにあたって毎年必ず行うことがあります。

それは人間ドック。

検診の結果に一喜一憂する情けない輩ですが、

ちょうど時期が花見のシーズンに重なるのは、

浮かれて食べ過ぎ・飲み過ぎを自重せよという事に

他ならないと思っています。

 

人々を魅了した満開の桜も、本格的な春の訪れの前の最後の

北風に煽られ潔く散ります。

葉桜となった桜は、秋から冬には枯葉となり落ち葉となります。

その枯葉の後には、しっかりと小さな蕾が付いているのです。

 

経営者にとって何が一番大切か?「それは健康です。」

・・しかし、健康を常に維持するのは難しいものです。

だからこそ「何を注意し、何に気をつけるのか?」を知るために

僕は検診をします。

 

・・・経営も同じです。満開の桜が葉桜となり枯葉となり

蕾となり生命を紡いで行きます。

経営も継続です

たくさんの蕾(新人社員)を立派な花に育てるためにも

社長の「身体」は会社の資本です。