大野尚の沸騰コラム

記事一覧へ戻る

覚悟が試されるとき

 

「覚悟が試されるとき」 2021年4月号

 

 追われている!

 

4月1日の新年度を迎えた後も遣る事があり過ぎて、

優先順位を付けて行っているのに追いついていない!

 

イレギュラー事項が頻繁に発生する。

 

また、遣るべきタスクをやり過ぎてしまう。

 

年齢のせいにはしたくないが、体力的に追い付いていないのだろうか?・・・

とは言いながらも、どうにかこうにかである。

 

・・・やっている。

 

仕事の精度・成果が落ちては困るので、私用の事は後回しである。

しっかり優先順位を明確にして取り組んでいる。

 

つまりお金を頂いている仕事は全て公平に行う前提で、

緊急度・重要度が重なる事を優先的に行い、

次に緊急度 ➡ 需要度 ➡ としている。

 

まぁ、私用は全て後回しとなる。

・・・だからメルマガの原稿が遅れてしまった。

 

 

重要度が低いのか?

 

そんなことはない、持続が重要だと考えている。

月に一度必ず自らに課している。

という風に、全ての業務タスクをスケジュール(デジタル管理)と

TODOリストはアナログでコピーの裏紙で管理し、

後は、若干衰えて来た脳に??? 依存している。

 

・・・という、忙しい状況ではるが、全てに感謝している。

本当にありがたい事です。・・・

 

昨年春から発生したコロナ禍によるパンデミックで、

感染が拡大し多くの国の多くの人々が命を失い、

医療崩壊による二次的、三次的被害により死ぬべき人と

でなかった人々も本来の医療の提供が為されず命を失い、

重症化するリスクにさらされている、

 

発展途上国だけではなく対応が遅れた国の人々は

仕事を失い生活に困窮する事態が生じている。

 

一部の大国及び先進国は経済対策というお題目でお金をバラマキ、

緩和マネーで特定の企業や人々が潤っているが、多くの国の多くの

人々は閉塞感と共に極度の疲弊が生じている。

 

 

この災いを創り出したのは誰か?

 

そんな事よりも、その後の対応次第で大きく状況の違いが生じている。

体制の違いだけではない。

トップの判断と決断の違いとスピードである。

 

謂わば「覚悟」の違いである。

 

ワクチンと言う武器を早期に手に入れた?

承認・確保・接種体制を整えた国は徐々に「普通」に戻りつつある。

まぁ、当分、世界的に見てもマスクなしの生活が直ぐに戻る事はないだろう。

 

でも、感染による死亡者・重傷者、医療崩壊と言われる二次的被害の為の

医療放置による重症化リスクを背負う人々も、経済的困窮による被害も

軽減できたのではないだろうか?

 

結果論としてではなく、創造することは可能だったと思う。

 

国も企業も学校もトップの判断と決断のスピードで決まる。

謂わば「覚悟」である。

責任を回避したい人々に任せられるのか?・・・

 

「覚悟」を持つべき「覚悟」を育んで備えて欲しい。

 

・・・と自らにも問うている。