これならできるよね。

記事一覧へ戻る

「マイナスの呪文はささやかない」

 

親は子どもを危険から遠ざけようとする親心から、つい過保護になってしまい

「無理だから貸してごらん」や「危ないからやめなさい」、「ダメ、ダメ」

といった言葉を子どもに使ってしまう。

その言葉を受け止め続けた子どもは否定的な発想が身についてしまう。

それは自分に対しても同じで、多くの人は自分に向かって「無理だ」、

「できない」、「やめたほうがいい」とささやいていて、自分の力を伸ばし

損ねてしまう。

力を伸ばすには、マイナスの言葉ではなく、「できる」「やれる」「大丈夫」

というプラスの言葉をささやくことが必要だ。

それにはまずできることから始めてみよう。小さなことを成功させながら

経験値を高めていくことだ。

 

 

 

 (「これならできるよね」第2章 より)

 

 

 

 経営コンサルタント大野尚のコラム

    九州中国を中心に中小企業の成長を強力にサポートしております。

ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社

福岡県福岡市中央区天神5丁目10-1 NYBFビル4F 

 

 

 

Amazonにて販売しております。

 大野 経営 講演 福岡

 

『これならできるよね。』
中途半端な僕にもできた「成功の基礎のキソ」

価格 1,300円(税抜)

ご購入はコチラ>>