講師一覧

講師紹介

人間力が魅力!多才な講師陣
 BFM研修プログラムは、マンションの一室から一部上場企業へと成長した(株)H.I.S.での経験をベースに、企業を成長に導く人材育成ノウハウを凝縮したプログラムとなっております。プログラム監修の大野尚を筆頭に、主任講師の只松崇を始め、企業様が抱える様々な問題、課題に対応できる講師陣をご用意しております。  
  講師陣はその道のプロであることはもちろんの事、一番の魅力は、「人間力」の高い講師陣による分かり易い研修内容と、行動に移したくなるモチベーションアップがベースとなっていることであり、このことが研修後の実質的効果(成長)に繋がっております。

 

講師一覧
主任講師只松崇(jpeg)

只松 崇 (ただまつ たかし)
ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社  取締役
福岡大学非常勤講師
徳山大学非常勤講師
プロフェッショナルコーチ
(2007年7月財団法人生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ 認定資格試験合格)

  1963年福岡生まれ。高校時代よりバンド活動をはじめ年間50回以上のライブ活動を20代半ばまで続ける。チラシ配りのアルバイトから偶然HISへ入社。ベンチャー精神あふれる社風に共感し、九州・中国営業本部幹部として23店舗の開設、本部全体運営、営業、人事、社員教育などに十数年携る。
 平成16年ビッグ・フィールド・マネージメントを設立し取締役に就任。HIS時代に培った目標達成法やコーチングによる部下育成法、ビッグ・フィールド・マネージメントで独自開発した人材育成法TCMラーニングなどの研修を人事院様・海上保安庁様をはじめとする行政機関や多くの民間企業で実施している。専門分野はコーチング、コミュニケーション、コンプライアンス、部下育成、目標達成、管理職者研修、営業マン研修など。心理学の要素を分かりやすく取り入れた講義と演習は、企画者のみならず参加者にも好評を博している。
 また、家人の脳腫瘍手術とその後の療養時に専業主夫として1年間看病・育児に専念した経験と自身の鬱病克服経験をもとにしたワークライフバランス、鬱病、自殺予防、ストレスマネージメントなどをテーマとした講演も自治体や民間企業、各種業界団体などより多くの依頼を受けている。

「只松崇の実践営業塾」はこちら >

シリーズコラム「出来る新入社員への道」はこちら>

 

専任講師14-03

松居 峻介 (まつい しゅんすけ)
ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社
ビジネスコーチ

大学在学中に代表大野の授業を受け感銘を受ける。それまでの怠惰な学生生活を改め授業で行う企業インターシップ活動に熱を入れ始める。学内で行われた「ビジネスプランコンテスト」にて2年連続優勝するなど精力的に取り組む。

卒業後、将来の人材育成ビジネスへの経験を積むためビッグ・フィールドマネージメント内で修行を行う。ポスティングビジネスの立ち上げを行いアルバイトスタッフを雇用しビジネス化。同事業は後に分社化し事業として確立。翌年ビッグ・フィールド・マネージメントに入社。代表の大野が行う数々の企業コンサルティング現場へ同行し、企業改善現場を学ぶ。翌年、生涯学習開発財団認定コーチの資格を取得し、自らの人材育成講師として活動を開始する。

ビジネスコーチとして、人のやる気を引き出し目標達成をしていく手法を分かり易くまとめた研修、セミナーを開催。また、コミュニケーション強化を目的とした接客スタッフ研修やコーチングスキルの習得のためのマネジメント研修など多くの組織で研修を行い成果をあげる。
子会社での実務経験と様々な組織改善コンサルティングでの豊富な経験を活かし、民間・行政様々な組織での人材育成を支援し、自社が主催する経営者向け勉強会“沸騰塾”ではワーク講師を務めるなど人がイキイキ働き成長する組織作りを支援すべく日夜奮闘中である。

 

プロフェッショナル講師 ビジネスマナー
koushi-1 西島 昇子 (にしじま しょうこ)   専門分野:ビジネスマナー
 全日本空輸株式会社国際線チャーター便・国内線チーフ客室乗務員訓練担当を経て、日本専修学校で20年間にわたり観光・ホテル・空港業界への就職支援を行う。 この間、学生たちと福岡アジアこども会議や福岡サミットボランティア研修会などに参加して、来訪者の空港送迎や障害者支援などのサポートを行う。また、厚生労働省主催の高校生就職支援、企業、学校などで研修・講演を行うなど多方面で活動している。

 

プログラム監修
14-01

大野 尚(おおの ひさし) ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社 代表取締役
スカイマーク株式会社 監査役
(元 株式会社エイチ・アイ・エス 取締役)  
大野尚詳細プロフィールはこちら >>
 偶然の出会いがきっかけで当時は無名だった旅行会社エイチ・アイ・エスの創業に参画。九州・中国地方を自ら切り開き、独立採算制の下、17年間でマンションの1室から東は岡山、鳥取より南は鹿児島まで21支店を開設。3部門を統括し、ローマ支店の設立、沖縄金秀商事との合弁事業などを行い、年間3000万円に満たなかった九州中国内の売上を百数十億円まで伸ばす。
エイチ・アイ・エス、スカイマークの躍進を支え続け、2004年より自己の会社ビッグ・フィールド・マネージメントを設立。
 現在は、人の力を引き出すことで急成長を遂げた前職での豊富な実績をもとに、九州地域の中小企業のコンサルティングを行う傍ら全国各地で経営者に向けた講演、専門誌への寄稿、経営塾の主催、大学の非常勤講師、航空会社、IT企業の監査役を務めるなど精力的活動する。