ビジネスマナー研修

【ビジネスマナー研修】

社会人としての基本となるビジネスマナーを基礎から応用編まで。

 

●目的

マナーを身につける目的を理解し、様々な状況で必要なマナーを学び、理解する(”分かる”)
だけではなくトレーニングを通して”出来る”レベルへ高める

 

●研修形式

視覚情報に訴える効果的なレクチャーと個人ワーク・ペアワークを組み合わせた参加形式の研修を実施致します。

 

●研修内容

1.“できる”社員(職員)とは

・働く目的
・社員(職員)としてのルール(守らなければならないこと)
・社員(職員)としての役割を明確化する
・社員(職員)としてのコンプライアンス

2.ビジネスマナーの基本           

・マナー、接遇とは(CSの考え方)
・身だしなみ
・姿勢・態度
・あいさつ
・言葉づかい・話し方

3.お客様から信頼される応対スキル

・名刺交換
・電話対応
・来訪者応対、訪問時の応対
・席次
・通路・階段・エレベーター
・eメール

 

●演習内容

・敬語力チェック

・マナーロールプレイング(名刺交換、電話応対、来訪者応対、訪問時応対)

 

●研修時間・人数

■研修時間:120分~240分

■参加可能人数:30名まで
※ご参加人数が多い場合は、複数クラス編成や、大人数対応が可能なカリキュラムへ
調整を致しますのでご要望はお気軽にお申し付け下さい。
 

★研修講師より

松居 峻介

 【講師】
松居 峻介

 

ビジネスマナーマナーの習得は社会人としての基礎力に大きな差を作ります。組織全体においても正しいビジネスマナーの浸透度を高
めることが組織の信用・信頼の向上に繋がっていきます。

ビジネスマナーを習得する目的からしっかりと落とし込み、正しい方法をトレーニングを通して身につけて頂きます。基礎があれば応用も行きます。形あるものを崩す(場にあった対応にカスタマイズ)ことは出来ても、その逆は出来ません。

ビジネスマナー研修は新入社員の方だけではなく、組織の基礎力を見直すために全社員を対象に基礎を振り返る目的に実施される組織も多く研修をさせて頂いています。

目標(ゴール)を事前に共有した上で、現状に寄り添った研修を行っております。