旅こそわが人生

記事一覧へ戻る

~高地アンデスとアマゾンを行く~ Viva BOLIVIA 紀行 vol.3

vol.3 「夢のアマゾンへ~ピラニアを釣る~自然の偉大さ」

さて、南米のもうひとつの顔とも言えよう、アマゾン。

10009439645_s

― ゆっくりと、ゆっくりと大河アマゾンは我々を迎えてくれた ―

 

夢のアマゾンへ

今から35年も前になる、小学校の卒業文集に「20年後の自分」というテーマで「僕は探検家となってアマゾン川でピラニアを釣って食べた」というような事を書いた事を思い出した。

 

10009672648_s 10009672644_s

プロペラ飛行機でラパスからアマゾンの港町トリニダへ

10009672653_s

レンタバイクを借り,桟橋へ向かう。

 10009672676_s 10009672665_s

船を1日貸切にする。依頼があってガソリンを積む。

10009672682_s 10009672686_s

 水は必需品 船頭と不肖、大野

 

 

10009672699_s 

静かにたゆたうアマゾン河の水面、風に吹かれて木々が揺れるとつぅんと澄ました姿が歪んだ。

 

15年の差はあったが今、僕はアマゾンいる。

 

そして河でピラニアを釣った!

10009672706_s 10009672721_s 

「オーパー」 せっぎちも「オーパー」。

 因みに釣果は不肖、大野が3匹せっぎちが1匹しかし、大きさでは負けたのだ。

 


アマゾンの村を訪ねた。“トンデモナイ大群の蚊の歓迎を受けた。”

男たちは働きに出ているため、村には女・子供しかいない。

お土産にボールペンや石鹸を渡し、お礼にバナナを貰う。

 

10009672732_s

3所帯くらいの小さな集落である。

 

10009672744_s 10009672785_s

着る物は普通である。住んでる場所はアマゾンでも、今時裸族なんかいるわけないか。

しかし、生活そのものは昔のままだ。

 

10009672896_s 10009672927_s

アマゾンクルーズと言っても、小さな木造船、穴も開いている。

手伝いの子供が一生懸命水を汲み出す。

減っては直ぐ元に戻る。空しき抵抗か?

 

 

村も訪ねた。淡水イルカも見ることが出来た。亀もいた。

何かわからないが動物の鳴き声も沢山聞いた。ピラニアも釣った。

 


10009672957_s突然のスコール、船を岸の近くに停泊させる。

30度の温度がいっきに下がる。体感温度は20度くらいか、寒い、身体が震える。

数メートル先が激しい雨で望めない。

上からと下からの浸水である。

船頭と手伝いの子供は死に物狂いで水を汲み出す。

 

 空からアンデスの山々を望む

恐怖を感じた。

 

10009672993_s激しいスコールの中、イルカや水鳥や亀や植物の歓喜の声が聞こえる。

人間の小ささよ、自然の偉大さよ、「ままとなれ!」

トリニダの夜の町、店の灯りに身体も心も空も揺れる。これが町の色気さ。

今回の旅で5,300mのアンデスの山と海抜200mのアマゾン川の自然にチョッとだけ触れる事が出来た。何か分かったわけではない。

 

 

分かるわけがない。でもそれでいいと思う。分かる旅が面白い訳がない。

 

 

世界は分からないからこそ面白いのだ。「アディオス!」

 

10009673003_s 10009673024_s