新着情報

記事一覧へ戻る

雇用調整助成金の教育訓練の活用をご検討の企業様

 

 新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅勤務や休業を余儀なく

されている企業様も多いかと思います。

 

 予定していた研修も延期、中止となり、社員様の大事なスキルアップの

機会が減っていることに忸怩たる思いを持たれる人事担当者様のお声も

多く拝見いたしました。

 

 今の時期は、人が集う研修の実施は難しいですが、オンラインでの研修

は実施可能です。厚生労働省が所管する「雇用調整助成金」における

教育訓練についても大きく以下の点が緩和されました。

 

 ※内容は投稿時のもの(2020年4月28日現在)

 

●対象となる訓練内容の拡大

 ⇒ 職業、職務の種類を問わず、一定の知識・ノウハウを身につける教育訓練も対象

  ・接遇・マナー研修、パワハラ・セクハラ研修、メンタルヘルス研修など

  ・繰り返しの教育訓練が必要で、過去に行った教育訓練 ※

  ・企業において、通常の教育カリキュラムに位置づけられている初任者研修等

●訓練実施手段の拡大

 ⇒ 自宅でインターネット等を用いた教育訓練もOK

●教育訓練実施の加算額の増額

 ⇒ 中小企業:2,400円 ・ 大企業:1,800円

  ※ともに日額

 

 ★厚生労働省のウェブサイトより

 ・雇用調整助成金ガイドブック(簡易版)令和2年4月24日現在

   ・新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ雇用調整助成金の特例を拡充します

 ・雇用調整助成金FAQ(4月27日現在版)

 

 

雇用調整助成金を活用したオンライン研修を企画、実施いたします。

 弊社では、このような機会でも積極的に従業員教育を行われる企業様に

向けてオンライン研修を実施させて頂きます。

 

 研修内容・費用については、各企業様のご要望に合わせてプランニング

させて頂きます。ご相談、プランニングは”完全無料”ですので安心して

お問合せ下さい。

 

 ※現在、在宅勤務を実施しております。

 お問合せについては、問い合わせフォーム、またはinfo@bfmjp.comまで

 ご連絡下さい。(ご対応までに1営業日を要しておりますので、予めご了承

 下さい)