大野尚の”沸騰”経営コラム

記事一覧へ戻る

「マネージメントが下手な社長ほど働き過ぎている」

 

「社員を路頭に迷わせるわけにはいかない」

「安い給料で我慢してくれている従業員に、いつか報いたい」

「皆が喜んで働いてくれる会社にしたい」

 

経営コンサルタントとして多くの企業経営者様とのお付き合いの中で、
そんな言葉をよく聞きます。

ただ、その思いが現場の社員に届いているかとなると、残念ながら必ず
しもそうではないようです・・

 

『社長ばかりが儲けている』、『安い給料でこんなに働かされて・・』
『もっと条件のいいところがあれば・・』社長が社員のことを考えている
ほどには社員は社長(経営者)のことを思ってくれていないこともありま
す。

 

多くの社長さんは社員よりずっと働いています。社員の数倍も働いて、
得意先に頭を下げて回り、資金繰りに駆けずり回る。

それ以外の時間も
いつも経営のことが頭から離れないという社長さんばかりです。

 

しかし、その努力が報われるとは限りません。

 

いえ、それとは反対に、社長さんだけが頑張りすぎている会社ほど、
発展や成長から見放されているというのが私が見てきた現実です。。

 

(「小さい会社を強い会社に変える方法」プロローグP2~P3より)

 

 経営コンサルタント大野尚のコラム

    九州中国を中心に中小企業の成長を強力にサポートしております。

ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社

福岡県福岡市中央区天神5丁目10-1 NYBFビル4F 

 

Amazonにて販売しております。

book03

『小さい会社を強い会社に変える方法』

最小の力で最大の成果を出す20のマネージメントスキル

価格 1,300円(税抜)

ご購入はコチラ>>