大野尚の”沸騰”経営コラム

記事一覧へ戻る

「危険を未然に防ぐ『聞く力』」

 

中小企業のメリットであり、同時にデメリットでもあるのは、社長の権限が

きわめて大きいことです。

社長の判断・決断が決定的な重みを持ち、社長の一存ですべてが決まることも

少なくないでしょう。

中小企業の場合、社長の一存がそのまま、ストレートに現場を動かすことに

なります。迅速さや機動性、臨機応変の柔軟性という面では

大きなメリットですが、社長の独断専行になりやすいのも事実です。

反対意見や批判のないところで立てられる作戦ほど、危険なものはありません。

都合のよい材料ばかり目に入り、希望的観測で判断してしまう。

異なる意見や考え方は、自分が気づいていないリスクを指摘してくれます。

むろん中小企業でも、いろいろな声に耳を傾けようと努力している社長さんは

たくさんいます。

自分が正しいわけではない。足りないものがあるかもしれない。

さまざまな意見を受け入れて、その中から最善のものをチョイスしていこう、

あるいは自分の方針を補強して、少しでも「確信」に近づこうとする経営者です。

正しい経営努力の一つは多くの意見を聞くことです。

耳の痛いことも言ってくれる幹部職員は社長の財産です。コンサルティングも

その一つとして利用できる道具であり、決してそれに依存し、コンサルタント任せに

すべきものではありません。人脈づくりもそういう意味で大切になってきます。

 

(「小さい会社を強い会社に変える方法」第3章 P111~P112より)

 

 経営コンサルタント大野尚のコラム

    九州中国を中心に中小企業の成長を強力にサポートしております。

ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社

福岡県福岡市中央区天神5丁目10-1 NYBFビル4F 

 

Amazonにて販売しております。

book03

『小さい会社を強い会社に変える方法』

最小の力で最大の成果を出す20のマネージメントスキル

価格 1,300円(税抜)

ご購入はコチラ>>