大野尚の”沸騰”経営コラム

記事一覧へ戻る

「社員が成長するための会社の雰囲気づくり④」

 

▼失敗しても次の機会を与える

失敗を繰り返し、何度もトライするうちにだんだんコツがわかり、最初はできなかった

ことも最後はできるようになります。

回数をこなすことは、非効率的なことに思えますが、人の能力を高めるのは回数をこなす

量稽古です。教えられたノウハウより量稽古のほうが最後には人を成長させます。

仕事は効率的でなければなりません。しかし人を育てることに関しては、目先の効率に

とらわれるよりも、長い目で見守ることが一番大事です。それが将来の効率や生産性に

貢献することにもなるのです。

「人が育つ」 そういう企業文化をつくり出せた会社が人材を「人財」として活かせる会社

です。

 

 

 

(「小さい会社を強い会社に変える方法」第2章 P103~104より)

 

 経営コンサルタント大野尚のコラム

    九州中国を中心に中小企業の成長を強力にサポートしております。

ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社

福岡県福岡市中央区天神5丁目10-1 NYBFビル4F 

 

Amazonにて販売しております。

book03

『小さい会社を強い会社に変える方法』

最小の力で最大の成果を出す20のマネージメントスキル

価格 1,300円(税抜)

ご購入はコチラ>>