オーダーメイド研修プログラム

弊社が行う研修は100%お客様の意向を反映したオーダーメイド研修です。

事前のヒアリングを重視しています。

010803

ヒアリングを通して…
組織の理念、ヴィジョン

  • 目標と現状
  • 研修後のゴールイメージ
  • ご参加者情報、特性
  • ご予算

上記内容をお聞きし、ご希望に沿う研修プランを
ご提案致します。

弊社では、講師がただ決められたカリキュラムを行うのではなく、お客様の組織がより成長するための研修を情熱込めて実施しております。

名も知れぬ旅行会社が一部上場企業になるまでの実体験をもとに、人の力を最大限に引き出し、個々の力を高め、拡大に伴う組織構築を行うなかで失敗を教訓とし、成功事例をノウハウ化した机上の理論ではなく多様な組織で活かせる人材、組織育成メソッドをご提供致します。

 

 TCM

 

大野尚監修の実践的プログラム

社員のやる気と能力を引出す事によって目標を達成し続け企業を発展させた実績を持つ大野尚が研修を監修。

14-01
プログラム監修
大野 尚 (おおの ひさし)
ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社
(元 株式会社エイチ・アイ・エス 取締役)

10代での単身ヨーロッパ旅行をきっかけにイタリアに遊学、精力的に世界を巡る旅を始め、 現在までに訪れた国は117カ国。肉体労働、音楽関係、レストランでのコック修行など様々な仕事を経験した後、偶然の出会いがきっかけでエイチ・アイ・エスの創業に参画。 九州・中国営業本部時代、独立採算制の下、17年間でマンションの1室から東は岡山、鳥取より南は鹿児島まで21支店を開設。3部門を統括し、ローマ支店の設立、沖縄金秀商事との合弁事業などを行う。 年間3000万円に満たなかった九州中国内の売上を百数十億円まで伸ばす。 エイチ・アイ・エス、スカイマークエアラインズの躍進を支え続け、2004年より自己の会社ビッグ・フィールド・マネージメントを設立し新たなベンチャーを目指す。 福岡大学経済学部ベンチャー起業論講師、福岡県委託事業“福岡しごと塾”基調講演、RKBラジオ“こだわりハーフタイム”メインパーソナリティー、RKBテレビ“今日感テレビ”旅のコメンテーターなどその活動は多岐にわたる

 

“凡事”こそ『大事』に。持続的な成長・変化を創り出す研修プログラム

研修では、「学ぶ」ことがゴールではありません。学びを実行に移し、「出来る」ようにしていき組織の理念、ビジョン、目標を達成することがゴールです。その為に、一日集中型の研修などの詰め込み型ではなく、1回90分~180分ほどの研修を月1回~2回の頻度で行い、継続的に学び意識変革を起こすプログラミングを主にご提案させて頂いております。

 

全プログラム共通の凡事徹底項目
bonji1 良好なコミュニケーションの第一歩は挨拶です。良い挨拶の励行でメリハリのある研修、コミュニケーション力を高めていきます。
bonji2 良好なコミュニケーションの構築に重要なのは、聴く姿勢です。他人との信頼関係構築だけではく、研修の学習効果を高めるためにも傾聴力を磨きます。
bonji3 スピード3要素(行動の速さ、相手を待たせない(学習)、着手の早さ)のうち、良いことはすぐに行なう、着手の早さを特に重視していきます。
bonji4 他責思考ではなく、常に、自らを高める意識を継続的に持てるように、コーチングスキルを有した講師が、モチベーションを引きだし、自己改善思考を意識の深層に定着化します。

  

連続型研修のメリット
・一過性のイベントに終わらせず、定期的な振り返りと目的・目標の確認を行ない
 意識の深層に学びを落としこむ。
・学び(インプット)と実践(アウトプット)を継続的に行うことで知識・スキルの
 習得が促進される。
・定期的な研修でモチベーションを維持継続。(研修を受けるたびにエネルギーアップ)
・途中起こった組織内の問題にも柔軟に対応し、現状に活きる研修を実現。
・体系的な人材育成が可能となり、組織の人材育成体制の構築に繋がる

 

【知行合一】“Knowing”=“Doing”

“Knowing”と“Doing”の一致が大きな企業変革を可能に。

多くの人が正しい行動やあるべき姿について研修で学ばずとも理解しています。
しかし、知っていても実行に移せず”Knowing”と”Doing”の
ギャップを埋めきれないことが多くあります。正に「知行合一」=「知っていても
行わないのであれば、知らないのと同じ」です。

弊社では、連続型研修プログラムを通して”Knowing”と”Doing”の
ギャップを埋めるための方法と、埋める力を身につけるサポートを通して、
ボトムアップ型の人財育成を実現しております。

chikou