BFMの人材育成奮闘日記!

記事一覧へ戻る

習慣化への壁(松居) #0006

 

昨日は福岡にて接骨院を展開される会社様の新規採用者様を

対象として、「接遇マナー研修」と題して2日間行う研修の

1日目を実施しました。

 

弊社では接客がテーマでも意図的に「接遇」と言い換え

研修を行うようにしております。

 

 

お客様に対応する、接するのではなく、

お客様に「お・も・て・な・し」の気持ちを形に表して

伝える『接遇』こそが真の接客であると考えているからです。

多種多様なニーズに応える研修メニュー

 

昨日は、お客様への気持ちを形に表すための、

コミュニケーションのポイントを心と身体を動かしながら

10時から17時までの6時間みっちり学んで頂きました。

コミュニケーション力アップ研修

 

研修ではテーマに応じて様々な知識、ノウハウ、考え方を

お伝えさせて頂いていますが、その学びを自らの力にして

良い結果に繋げるには、行動を起こし続け習慣にまで

落としこむことが肝心となります。

 

 

習慣化というのはどの研修でも扱うテーマですが、

習慣化していくには、その妨げとなるものへの対処法を

知っておき、適切に対処していくことが必要です。

 

(習慣化を妨げる要因)

1)人は忘れる生き物であること

→やろうと決めたことすら忘れている。

⇒思い出す、振り返ることの習慣化が必要!

 

2)今までの習慣に流されてしまうこと

→良くも悪くも人は今までの習慣にそって人は動きますよね。。

⇒意識的にやる機会を設ける、やる日・時間・場所・頻度・レベルを決める

 

3)目的・目標がないこと

→やることは覚えていて、やる日・時間・場所・・・を決めていても

「なぜそれを行うのか?」という目的や、「何をどこまでやるのか」という

目標がないことでやりたくないのではなく、やる理由がない状態になり

スルーしてしまう。(後で・・・、またの機会に・・・)

⇒目的を見つめ直し(ヴィジョンを描き)、明確な目標をSAMRTモデルで設定!

 

他にも様々な要因が自分の中にも思い当たりますが、、、

 

研修の中では、

「3日坊主でもいいので、止めないこと」

(4日目に休んでも、5日目からまた3日続ければ

1週間で6日も実行出来ているのです)

 

というメッセージを送らせて頂いています。

 

大事なことは歩み続けるですね!

 

sDSC_0059 sDSC_0057

写真は、2月14日開催の福岡第2沸騰塾!

本投稿とは関係ないですが・・

参加者の気持ち沸騰、経営も沸騰!「沸騰塾」