BFMの人材育成奮闘日記!

記事一覧へ戻る

~相手も自分も大切にする気持ちの良い自己表現法~アサーション(只松)#0033

 良好な人間関係を構築することは、充実した仕事をしたり、豊かな人生を過ごしたりするための重要な要素の一つですね。

 弊社では、「アサーション研修」を通して良好な人間関係を築きながら自分の意見もはっきり言える訓練を実施しています。“アサーション”とは、「相手も自分も大切にする気持ちの良い自己表現法」です。この方法を身につけていくことで、相手の思いや気持ちも大切にして耳を傾けながら同時に自分の気持ちや意見も大切にして正直に気持ちよく伝えることが可能となってきます。

 アサーション研修では、自己表現の仕方を以下の3つに分け自分の表現方法を理解し、より良い自己表現が出来るようにトレーニングしステップアップを支援しています。

タイプ1【攻撃的】
●強がり  ●尊大  ●他者批判  ●操作的  ●一方的主張
●責任転嫁 ●支配的 ●相手に指示 ●自分本位 ●独りよがり
 自分の意見や気持ちを率直に表現しますが、相手への配慮が欠けています。一時的には満足を得ますが、この状態が長く続くと、周囲の人たちとの関係が悪化し結局は不快な気持に襲われてしまいます。結果他者との良好な関係が築けません。

タイプ2【非主張的】
●引っ込み思案 ●卑屈    ●消極的 ●自己否定的 ●弁解がましい
●相手まかせ  ●承認を期待 ●依存的 ●服従的   ●黙る
 自分の気持ちや意見を率直に表現できません。あいまいな言い方になったり、言い訳がましくなったりすることが多くなります。この状態が続くと自尊心が保てず、心の中に不満がたまってきます。自分の意見が言えず自己信頼度が下がり自信を失なってしまいます。

タイプ3【アサーション】
●正直 ●自他協力 ●自他尊重 ●自発的  ●自分の責任で行動
●率直 ●積極的  ●自他調和 ●歩み寄り ●自己選択で決める
 自分の気持ちや意見を率直に表現できる一方で相手の気持ちや意見にも耳を傾けるため相互に気持ちよくコミュニケーションがはかれます。お互いの意見が違っても共通点を見つける努力が出来るため調和した関係が築けます。自分も相手も尊重するのでお互いに爽やかな気持ちとなり良好な人間関係が築きやすくなります。

 自分のタイプを知ることで改善点が見えより良い行動や表現が出来るようになってきます。アサーションは、その方法を理解しトレーニングしていくことで段階的に習得していくことが可能です。気持ちが良い自己表現法を身につけイキイキと仕事や生活を楽しんでいきましょう。