BFMの人材育成奮闘日記!

記事一覧へ戻る

チームリソースマネージメント(只松)#0052

 弊社では、海上保安庁様の管理職者の方々へ「組織力を高めるチームリソース・マネージメント」と題して研修を実施しています。日本の海の安全を守る海上保安庁の方々は、命を賭して業務にあたっていらっしゃいます。緊張感を強いられる業務を遂行するためには、組織の仲間の相互信頼が大変重要であるそうです。そのためチームの宝(リソース)である人をいかし合い組織の目的を追求するチームワークの良い組織をつくるために弊社へご依頼をいただいております。

今回は、この研修で触れている強くお互いを信頼できる組織をつくるための3ポイントをご紹介いたします。

ポイント1 信頼関係を構築するためのコミュニケーション

 ・組織の仲間を思いやる高品質な挨拶の励行

 (明るく互いへの敬意をこめた挨拶を常に先行して励行)

 ・仲間(上司・先輩・同僚・部下・後輩)の話を積極的傾聴姿勢で聴く

 (正しく情報を得ることが出来ることに加えてお互いの信頼度も高まる)

ポイント2 ベクトルを合わせる

 ・組織の目的を常に示す

 (何のために組織があるのか?組織の目的を全員で共有)

 ・組織の目標を明確化し達成のために行動を実施

 (PDCAサイクルを回し目標達成のために常に行動する)

ポイント3 チームメンバーのやる気・能力を引き出す

 ・それぞれのメンバーの思考、行動の特性を相互に理解し活かし合う

 (強みを伸ばしそれぞれの特性を組み合わせるヒューマンマネージメント)

 ・メンバーそれぞれのビジョンと組織のビジョンをすり合わせる

  (個々のメンバーが組織と個人の将来のためにやる気を高め行動することを促進)

 上記の3ポイントが揃っているチームは、メンバーもイキイキしていて組織も活力に溢れているようです。組織の宝である人財をいかし目的を共に追求する組織づくりが組織発展のための不可欠な要素であると感じます。