BFMの人材育成奮闘日記!

記事一覧へ戻る

未来を創造するタイムマネージメント(只松)#0054

 多くの人が「忙しい!」「やることが多すぎる!」「時間が足りない!」など時間に追われています。そのことが鬱病が増える要因にもなっているとも言われています。自身や他者(家族、大切な人達、お客様、働く仲間)の幸せのために頑張っていることが精神を圧迫してしまい、結果病気になってしまうようでは本末転倒ですね。私も同じような経緯から一生懸命仕事をしていたのですが鬱病になった経験があります。

     生きる私たちに等しく与えられた時間をどう過ごすのか?私たちに投げかけられた究極の質問の一つだと言えます。良い仕事をして、他者に貢献し人生を豊かに生きている人たちの多くに共通するタイムマネージメント法について書いてみます。

1.時間の使い方を常に見直す
・重要度が高く優先すべきことは何か?
・何にもならない無駄な時間は?
(惰性で見るTVや無目的でだらだらと行うネット検索など)
・未来をより幸せにするために投資すべき時間は?
・時間を置き換えることはできないか?
(通勤時間の一部を徒歩に変え通勤時間をフィットネス時間に置き換えるなど)

2.未来を創造する時間を意識的につくる
・自分自身、家族、大切な人達、お客様、働く仲間をより幸せにする時間をつくる
(自分の本心に耳を傾ける。お客様や働く仲間、家族、大切な人の話を聴く時間など)
・自分自身を更に成長させる時間をつくる
(心身ともに自身を向上させる時間をつくる)
・無駄なことをやめる勇気を持ち、本質的で重要な時間を持つよう努力する
・本質的で重要な時間を持てるよう、やらなければならない作業は効率化する

  私たちにとって大切な時間をどう使うのか?常に考え行動を変えていくことでより
豊かな未来が開けてくると感じます。劇的に変更することは難しくとも出来ることからチョットずつ始めることで昨日よりも今日豊かな時間と過ごすことができるのではないでしょうか。