ストレスマネージメント研修

【ストレスマネージメント研修】


ストレスに対して正しく理解し様々な状況に対応できる

ストレスマネージメント法を習得する実践的なプログラム

ストレスが発生するメカニズムを正しく理解し、ストレスを
恐れず良好にマネージメントするための研修です。
ご参加者自身はもとより、他者へのストレスマネージメントにも
役立つ手法を提供します。

不要なストレスを軽減しメンタル不調から、ご自身や組織の仲間を
守ることに有効なプログラムです。

 

●目的

ストレスに対して正しい知識を理解頂き対応していく方法を

習得することを目的に研修を行います。

 

●研修形式

視覚情報に訴える効果的なレクチャーと個人ワーク・ペアワークを

組み合わせた参加形式の研修を実施致します。

 

●研修内容

1.ストレスに関する理解

 ・ストレスとは

 ・ハンスセリエ「ストレスは人生のエッセンス」

 ・パフォーマンスが向上する最適なストレスレベル

 ・生産性が低いストレスレベル

 ・危険なストレスレベル

2.ストレスマネージメント

 ・ストレスサインを知る

 ・ストレスレベルを知る

 ・ストレッサーを知る

3.ストレスマネージメントの2ステップ

 ・ストレス反応に気づく

 ・ストレス反応を解消するための行動(行動支援)

 ・他者のストレスを把握するために

 ・アクティブリスニングの活用

4.ストレスサイン

 ・行動上に現れるストレスサイン

 ・攻撃的な言動/逃避的な言動/ライフスタイル

 ・4段階のストレスレベル

5.ストレッサーを知る

 ・ストレッサーとは

 ・物理的ストレッサー

 ・化学的ストレッサー

 ・生物学的ストレッサー

 ・社会・精神的ストレッサー

6.ストレスに対するよう注意対応

 ・怯えるタイプ

 ・完璧タイプ

 ・他人事タイプ

 ・マイナス思考に陥りやすいパターン

7.ストレス対応

 ・ストレス要因を具体化する

 ・ストレス対処法の流れ(フロー)

 ・3つの対処法 無くす/変える/変わる

 ・ストレスケアー

 ・神経伝達物質の理解と活用

 ・組織内での4つのケアー

8.まとめ

 ・いきいきと人生を歩むために

 

●演習内容

・ストレスサイン行動上の変化アセスメント(個人ワーク)

・心理面でのストレスレベル セルフアセスメント(個人ワーク)

・肉体面でのストレスレベル セルフアセスメント(個人ワーク)

・私のストレス解消法(ペアーワーク)

・メンタル不調者を出さない組織づくりのために(ブレインストーミングワーク)

*研修時間により演習内容は異なります。

 

●研修時間・人数

■研修時間:90分~180分

■参加可能人数:何人でも可
*参加人数と会場設備等に合わせた実施法をご提案致します。 

 

★研修おすすめポイント

tadamatsu050817(S) 

【講師】
只松 崇

 

高度に情報化し
グローバル化が加速していく現代
仕事量の増加
求められる成果レベルの高度化
人間関係の希薄化など
働く人たちの心に不安と緊張を
与える状況が増していると言えます。

また
災害や予期せぬ問題の発生など
苦難や困難に突如見舞われることもあるでしょう。

そのような状況下
不要なストレスを軽減し
ストレスと上手く付き合うためにどうしたら良いのかを
理解なさりたい方々へお勧めのプログラムです。