只松崇の人財イキイキコラム

記事一覧へ戻る

積極的傾聴 3条件

 

弊社へご依頼が多い研修の一つに『アクティブ・リスニング

(積極的傾聴)』があります。

 

ご依頼を頂く背景には、組織の相互信頼度を更に高めたい、

働く人が自発的にやる気を高める仕組みを構築したいなどの

企業や行政団体の強い思いがあると感じています。

 

弊社では、働く仲間(上司・先輩・同僚・部下・後輩)と

相互にやる気を引き出す環境を構築するために様々な

スキルのご提供やトレーニングを行っておりますが、

今回は、その基盤となる考え方である【積極的傾聴3条件】を

ご紹介いたします。

 

●「自己一致」

自身が、人間としての自分自身が感じていること、考え、

価値観、体験に気づいていて、それを否定したり歪めて、

自分を隠したり、必要以上によく見せたりせず、

そのままの人間としての自分を受け入れて、一人の人間として

相手の前で存在するように努めること。

 

●「共感的理解」

相手の主観的な見方、感じ方、考え方、受けとめ方を、

その人の立場に立って、相手の身になって、見たり、感じたり、

考えたりしようとすること。

共感は、相手と一体となったり融合して同じように体験する

同情や巻き込まれた体験とは異なって、自身の主体性を

持ちながらも相手の存在自体を承認していくことから

育まれます。

 

●「無条件の肯定的配慮」

相手がどうあっても、相手への関心が変わらないという

人間としての相手の存在を受容しようとする心の姿勢です。

この姿勢は、一人ひとり皆が異なった考え方・感じ方をすること、

違う価値観をもっていることなどを心から認めており、相手と

自分を等しくかけがえのない独自の存在として尊重するこころと

現実的な態度です。

 

読んでみると奥が深く簡単に到達出来る境地ではありませんが、

この3条件を高めようと努力なさる方が多い組織は、間違いなく

相互のやる気や能力を引き出しあい大きな成果を生んでいます。

 

積極的傾聴は、トレーニングしていくことで段階的に

高めていくことが可能なヒューマンスキルです。

まずは、3条件を意識し行動してみることから、

習慣化・体質化へと繋がっていきます。