只松崇の人財イキイキコラム

記事一覧へ戻る

価値を生む20%に集中する

【価値を生む20%に集中する】

 

イタリアの経済学者ヴィルフレード・パレートは

【80対20の法則】(別名パレートの法則)を提唱しました。

ある国の総人口のうち20%がその国の富の80%を所有していたり、

ある企業の顧客の20%が収益の80%を生み出していたり、

生産したビールの80%は、20%の顧客が消費していたり、

交通事故の80%は20%のドライバーが起こしていたりする原則を

発見し示したものです。

 

このパレートの法則は、タイムマネージメントにも

活用することが出来ると言われています。

つまり価値を生む20%の時間に集中してエネルギーを

注ぐことで期待する80%の成果が得られるということです。

 

将来を豊かにし自分や家族、大切な人たち、顧客、会社の仲間、

友人に貢献することが出来る価値を生む20%を発見し

そこに集中することで大きな成果が生まれるというわけです。

 

仕事であれば、顧客への貢献度が高い重要な部分に集中する

ということでしょう。

 

特に主要顧客(上位20%のお客様、または、将来的に

上位20%に入る可能性が高いお客様)に喜んでもらえることに

集中して時間を割くということです。

 

顧客が本質的に望んでいることや困っていることをヒアリングし

解決策を提案すること、そのためのサービスや商品を開発し

提供することに集中することで大きな成果が生まれることは、

成功した企業が証明してくれています。

 

プライベートであれば、大切な人たちと豊かな時間を過ごしたり、

自分が心から楽しめることをしたり、

将来を豊かにする価値があることに時間を割くことで精神面でも

肉体面でも健康となり幸福感も高まるでしょう。

 

私たちに与えられた有限の宝物である時間を

どのように価値あるものにするのか

【80対20の法則】を活用してみてはいかがでしょうか。